使いやすさ No.1

あらゆる部門に 3D の
コミュニケーションを

生産技術部・製造部でも 3D を活用
誰でも使える新しいドキュメントツール

資料ダウンロード

製造業で続々と導入中!

産業機械や自動車業界など、機械組み立てやオンラインでのサポートを行う企業に導入頂いています。

Scene | シーンとは

誰でも簡単に使える 3D ドキュメント です。
製品の構造や部品の説明を 作るのが大変・伝わらない という問題を解決し、製造業の情報伝達を刷新します。

設計段階から作成される 3D CAD ファイルを二次活用して、どんな部署でも立体的な資料作成ができます。
IT が苦手という人でも簡単に 3D の資料を作ることができ、導入も非常に簡単です。

こんな問題を感じていませんか?

エクセルやパワーポイントの資料では製品の立体的な形状や構造が伝わりにくい

せっかく 3D CAD を導入しているのに、フロントローディングが実現していない

新しいシステム導入はハードルが高く、丁度いいツールが無い

Scene の 3D 資料作成で解決できます!

Sceneの特徴

3D CAD ファイルを活用

実機が手元に無くてもデスク上で資料作成が完結。平面図よりも圧倒的に分かりやすい資料になります。

  • 確認の電話や立ち会いの工数を削減

  • 作業ミスを削減

  • 新人の理解スピードアップ

3D 未経験者にも簡単な編集作業

3D CAD ファイルをアップロードしたら後はパワーポイントのように編集するだけで、複雑な操作は一切なくあらゆる部署が使えます。

  • イラスト・図面の作成や写真撮影の工数削減

  • 資料の作成時間を削減

  • 設計業務以外の社員も資料作成できるようになる

共有は URL を送るだけ

ブラウザで使えるので、アプリのダウンロード・インストールが不要です。メールやチャットでURLを送ればすぐに見れます。

  • タブレットでも資料を見れる

  • ハイスペックなパソコンは不要

  • 閲覧のためのダウンロードやインストール不要

サンプル 3D ドキュメント

サンプルを見ることができます(閲覧のみモードになります)
パソコンを使って、Google Chrome で開いてください。

サンプルはこちら

実際の効果とお客様の声

3D だから初見でも記憶に残りやすい

 お客様に提案する製品を 3D CAD ツールを使って設計しています。しかし提案するには資料として共有しなければなりません。3D CAD ツールは資料にするには不向きなので、二次元の図面を書き起こして提出していました。しかしその図面では製品構造やアピールしたい特徴が上手く伝えられないことが多くありました。 
Scene を使い始めて感じるのは主に2点です。一つは 3D CAD ファイルから資料にするのが圧倒的に簡単になったこと。もう1点は、出来上がった資料が立体的でわかりやすくお客様の反応も良いことです。アニメーションも自動で付くためお客様の印象に残りやすいと効果を実感しています。

株式会社くい丸
営業部長
君岡様

分かりやすく、設計部門の負担も減る

 数年前から 3D CAD の導入を始め 3D 化を進めています 。しかし 3D モデルの有効活用をしていく中で課題を感じていました。 
例えば、組立や溶接の作業指示を製造ラインに連携するため、3D CAD ファイルから一度 2D の図面を書き起こし、紙や PDF で共有していました。その折に Scene の存在を知り、3D モデルから直接作業手順書や、組立手順書を作成できるメリットに着目し導入を決めました。
実際に利用してみて、資料作成のしやすさと、出来上がった資料の分かりやすさが業務の効率化に繋がっています。また今後、営業支援として使えないかも検討しています。

金剛株式会社
製造本部 開発・設計グループ
大野様

迷うことなく理解できる 3D 資料

  Scene を導入する前は、サービスセンターに赴き、在庫を用いて各工程の写真を撮り、Word で文書を作成していました。3D ソフトの使用経験はあまりありません。しかし、Scene を使うようになってからは、デスクにいながらにして資料を作成できるようになりました。また、自動でセットされる 3D アニメーションのおかげで、これまでの写真を使った資料に比べて、技術者にもわかりやすく、迷うことなく理解できるようになりました。今後は、K-Ryole の組立ラインのマニュアルなどにも Scene を使うことを検討しています。

K-Ryole
オペレーション部 部長
ゲリック様

よくある質問

どのような用途で使われていますか?

生産技術や設計部門が作成する組立手順書の作成や、生産技術部門が作成する設備の保守マニュアル、またサービス部門が作成するサービスマニュアルなどの用途でご利用頂いております。
詳しい事例は、資料をダウンロードしてご確認下さい。

どのような導入プロセスですか?

1.まずはお打合せにて、要件や用途について確認させて頂きます。
2.ご要望に合わせた料金プランをご提示させて頂きます。
3.導入の決定、ご契約後、入金を確認次第すぐにご利用開始頂けます。

利用環境は何ですか?

一般的なスペックの Windows / Mac のパソコンと iPad で動作します。
ブラウザはパソコンの場合は Google Chrome のみサポートしています。iPad は全ブラウザで動作します。

対応している 3D ファイルのフォーマットは何ですか?

ステップ形式(STEP, STP)に対応しています。
製造業向けの 3D CAD ツールをご利用であれば、基本的にステップ形式の出力は可能です。

3D CAD ファイルを持っていない場合は使えませんか?

3D ファイル作成の代行を致します。こちらからご相談ください。

サポートはありますか?

はい、社内向けの操作説明会なども対応しますのでお気軽にお申し付けください。

料金について教えてください

お客様のご状況や規模に応じたご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

メディア掲載実績

立体的な資料が作れる、製造業向け3Dドキュメントツール
〝Google Docsの3D版〟、製造業向け立体ドキュメンテーションSaaS「Scene」が正式ローンチ
製造業向け 3D ドキュメントツール

現場の手順書を
3D でもっと簡単に

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが各種機能について詳しくご説明いたします。