サービス部門

3Dを使ったサービスマニュアル・パーツカタログでサービス業務を効率化
人手不足や人材教育への対応が可能に

人手不足や高齢化が進むサービス領域に、
スピーディな資料作成と技術継承を

人手不足や高齢化が進むサービス領域は、顧客満足度を保ったまま少ない人員で運用できる体制の構築が求められています。
作るのが簡単な3Dドキュメントは必要な教育資料を素早く揃えることができ、3Dアニメーションで習熟スピードも格段に上がります。エンドユーザー向けに公開すれば、顧客による自己解決を可能にし、駆けつけ対応や人員の削減が可能になります。

POINT 1

パーツカタログを3D化して、検索性を高めたい

Scene パーツカタログ

パーツナンバーを確認しにくいイラストのパーツカタログを3D化で作業効率アップ

従来のイラストを使ったパーツカタログでは、サービスパーソンが部品ナンバーを確認する作業に時間がかかったり、間違えてしまうことが多くあります。イラストの分解図からは、実物の部品がどこに該当するのか分かりにくいからです。
3Dドキュメントは、該当パーツをクリックすれば、部品番号を間違えることなく瞬時に確認することが可能です。

POINT 2

顧客・現場に必要な資料作成をスピーディに行いたい

Scene 効率化

3Dモデルを使えば倉庫に行っての実機撮影の手間が不要に

顧客からの問合せ回答のために、都度資料を作る必要がある場合は、従来実機を撮影してエクセルに張り付けて顧客に送ったり、Web会議中に画面越しに実機を見せるなどで説明することがあります。3Dモデルを使えば、実機を見せて説明するのと同じ分かりやすさで、より手軽に顧客に説明することが可能です。
また、Web上で顧客が自主的に3Dドキュメントの説明を見れるようにすれば、顧客自らがメンテナンスすることも容易になり、サービスパーソンの省人化が可能です。

POINT 3

サービスパーソンの教育・技術継承を効率化したい

Scene 技術継承

幅広く必要な教育用のコンテンツをスピーディに準備。
デジタル上で実機を触って分解するように動かして学習。

人材不足が深刻化するサービスパーソンの教育も効率化が求められています。顧客訪問や作業で忙しいサービスパーソンの教育には集合研修よりも、デジタル上で完結できることが理想です。
3Dドキュメントは見るだけで理解が進むだけでなく、閲覧者がデジタルの実機を自分で分解したり、能動的に動かしていくことで構造や形状、作業手順を体得していくことが可能です。