生産技術部門

組立手順書・設備運用マニュアルを3Dを使ってスピーディに作成
作業者教育も3Dで効率化

3Dを使った分かりやすい資料で、作業の見える化を実現。
習熟スピードが向上。

生産技術部門は、製造部門向けに作業指示書を正確でタイムリーに展開し、同時に設備の保守マニュアルなども作成が必要です。
組立手順書や設備保守マニュアルは3Dで作成すると二次元の資料より2倍のスピードで作成が可能となります。
作業の見える化ができ、新人は資料を見るだけで動けるようになります。
また、作業者向けの教育用資料も3Dを使えばより分かりやすく、習熟スピードの向上が可能です。

POINT 1

製造指示書をスピーディに作りたい

作成頻度の多い受注生産品の資料をタイムリーに作成

一品一様の受注生産品の組立指示書は、作成頻度が高いうえに、製造部門が誤解しないように分かりやすくする必要があります。しかしエクセルやパワーポイントに写真や文章を入れた資料作成では多くのモデルに対応しきれません。
Sceneなら資料作成の時間を50%も減らすことが可能で、誰でも使えるので複数名での作業分担も容易です。

POINT 2

しっかり理解される手離れの良い手順書を作りたい

ビジュアルで伝わるから読み手がちゃんと目を通して理解してくれる資料作成が可能に

生産技術部門が作業者向けに指示書を作成したとしても、現場では製造部門が自ら作成した資料を使い、ベテランが口頭で補足するなどの運用がされることがよくあります。また、海外工場の生産技術部や製造部門に対しての資料は、翻訳工数がかかる上に文字が多いと読まれず、結局出張による対面の会議が多くなされています。
3Dドキュメントは自動でアニメーションがセットされ、見るだけで誰でも同じように理解できます。
閲覧者も3Dで視点を動かしながら能動的に確認することで理解が進みます。
しっかりと理解が進むので、会議や現場を訪問しての口頭説明なども不要になります。

POINT 3

作業者教育を効率化したい

作業者教育の基盤になる教育用資料を3Dドキュメントで作成

多能工化や派遣社員の入れ替わりなどに対応するため、作業者教育を効率化する必要がある一方、教育用コンテンツの充実させるのは困難でした。動画は撮影時に作業者の背中や手が入ってしまい編集に時間がかかり、写真をエクセルに貼った資料は、実機を用意して撮影する必要がある上に分かりにくくなります。ベテランによる実技指導は内容や理解にばらつきが発生しやすくなります。
Sceneの3Dドキュメントは、3Dアニメーションで分かりやすいコンテンツを、誰でも早く、分かりやすく作成ができます。
閲覧者は、デジタル上で実機を触る体験ができ、自ら3Dを触って能動的に構造や作業手順を深く理解することが可能になります。